スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

鮭のアクアパッツァ

2008/05/14 Wed 21:35

   鮭のアクアパッツァ

生鮭美味しく料理したいと悩んで、ひらめいたのがこの鮭のアクアパッツァです。
ちょうど、冷凍のアサリを使いたかったので、作ってみましたよ。

ミニトマトがなくて、普通のトマトの水っぽいところだけ取りました。

あとは、ニンニク、パセリ、白ワインの変わりにお酒、うちにあるもので出来ましたよん。


アクアパッツア
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
アクアパッツァ(acqua pazza) は、魚介類(白身魚と貝類)をトマトやオリーブなどとともに水で煮込んだイタリア料理。

ブイヨンなどを用いずシンプルに水で煮込むことによって、魚介のうまみを引き出している。白ワインで煮込む場合もある。 魚としては、タイ、スズキ、タラ、カサゴ、メバルなどの白身魚、貝類としては、アサリ、ムール貝などがよく用いられる。さらに、好みによりイカ、タコなどを加えることもある。パンやパスタとともに供される。選んだ素材により、リストランテなどでは、「カレイとアサリのアクアパッツァ」といった表記でメニューに登場する。

アクアパッツァとは、イタリア語で「奇妙な(風変わりな)水」あるいは「狂った(暴れる)水」という意味である。

参考にさせてもらいました。こちらのサイトです。→Wikipedia
正式な作り方ものっています。



【noa流の作り方】

1:鮭にクレイジーソルトを振っておく。ニンニク、パセリをみじん切りにしておく。
2:フライパンにオリーブオイル、ニンニクを入れ火をつける。香りが出たら鮭を入れる。
3:少し皮を焼いたら、アサリ、トマト半分、酒50ml、水50ml入れて蓋をする。
4:アサリの蓋があくまで、中火で待つ。(その間に鮭にも火が通ります。) 出来上がり~。


自分流ですので、結構いい加減でしたが、とっても美味しかったです。
白ワインだったらもっと美味しいだろうな。

カサゴとかメバルとかの白身魚を使って、また作ってみたいレシピです


*ほうれん草の梅・海苔和え*
      ほうれん草の梅・海苔和え

ゆでたほうれん草に、ご飯ですよ~の海苔の佃煮と梅肉をあわせたものを和えました。


立ち寄ってくれてありがとうございます。
励みになるので、1日1回の応援クリックお願いします~。

人気blogランキングバナー(1) にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ ←こちらをポチッとね。面倒かけます。m(__)m

お返事なかなか出来ませんが、拍手から簡単コメントできます。
魚介類

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。